インプラントは費用がかかるが

失ってしまった歯の代わりに、義歯を取り付ける方法には、ブリッジや入れ歯があります。この2つは保険適用されるというメリットがありますが、保険適用の範囲では見た目がそれほど自然でなかったり、噛む力が落ちてしまうというデメリットもあります。インプラントは、保険適応されない治療ですが、健康な歯に負担をかけないことや、見た目も機能も本物の歯の様になるメリットがあります。保険適用されないインプラントは、自由診療のため費用が高額になります。歯科医の技術、医院の設備や環境、使い捨てにできる道具などによって費用が変わります。自由診療のインプラントには相場があり、1本30万円から40万円です。使用するインプラントのメーカーや、義歯の素材によっても変化します。自由診療では、素材を選べるのがメリットでもあります。セラミックといっても種類が多く、耐久性も異なります。噛む力が加わるので、素材や力などによっては、割れる場合もあります。セラミックの中でもジルコニアという素材は、見た目も良く、割れることがほとんどないのが特徴です。人工ダイヤとも呼ばれ、とても耐久性に優れています。費用は高くなりますが、一生使うためには高価になってもメリットを優先するという考え方があります。

↑PAGE TOP