自分の歯のようなインプラント

歯科インプラント治療は、虫歯や歯周病や外傷などによって失われた歯のない部分に、人工の歯根(インプラント)を埋め込む治療方法です。従来はブリッジや入れ歯など残った他の歯にちからや機能の分担をしてもらう方法が一般的でした。歯科インプラントの最大のメリットは自分の歯のように使用することができるということです。入れ歯の場合、ぴったり合うように調整してもぐらつきや違和感があるという人も多いですが、歯を支えている顎の骨に人工歯根をしっかりと埋め込んで固定するタイプのインプラントは、食事の際にきちんと噛むことができるため、苦痛に感じていた食事を美味しく取ることができ楽しい時間を過ごせるようになります。よく噛めることは全身的にも周囲の健康な歯にも良い影響を与えます。また、歯科インプラント治療の場合はブリッジのように失った歯の両隣を削ったりすることがなく、自分の残りの健康な歯に負担をかけないこともメリットです。噛み合わせの機能を回復させ、会話もスムーズで違和感を感じることなく、見た目上は天然の歯とほとんど見分けがつかないため口元も気にすることなく日常生活を送ることができることも大きなメリットの1つです。

↑PAGE TOP